自分のことは棚に上げ
   blogってweb logの略って知ってました? 日記だけに留まらない、ことを徒然かいていこうかと思ってます。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

ニオベ

Author:ニオベ
人生いつでもまたーり生きてます

↓下のcallってハートをクリックすると始まります。




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 ターニングポイント
世の中にはターニングポイント(転換点)というものがあります。
転換点とは、その言葉どおり、今までの状態からの転換する点です。

最近私の周りでよく聞く言葉です。
単に今までも聞いていたかもしれないけれど、
私が留意してなかったために、聞き逃していただけかもしれません。

最初に出会ったのは、
ビジョナリーカンパニーという本でした。
今まで変な本しか読んでなかったんですが、
最近ある契機より、いろいろ本を読まなければならない状況になってまして。
まあ、結局さわりしか読んでないんですけどね。

成長する企業には転換点がある。
本では、良い(グッド)企業から偉大な(グレート)企業になるための転換点、として出てきてました。
良い企業が偉大な企業になるのは難しい。
そのためには、ある転換点を通り過ぎないとだめなのだ。

次に聞いたのは、ある講義だった。
国会議員の講演チックなものです。
企業には転換点があるように、人生にも転換点があると。
彼の転換点は、官僚を辞めたときだった。

たとえ伸び続けたモノ・人であったとしても、
停滞が始まり、そして下降する。
停滞が始まったとき、転換しなければならない。

ハマリが始まったとき(略

私の人生も転換点が多かったかもしれない。
今考えるとだが。
今後は、意図的に転換点を作り出して、
そうマネジメントしていかなければならないのかもしれない。


と、真面目に考えてみました。
スポンサーサイト

日記 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:0
(2005/10/06(木) 21:35)

<<ふつーの日常 | ホーム | なぜ木村氏はこんなにもカッコイイのか>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://adrastos.blog27.fc2.com/tb.php/13-2853a318
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  ○サイト目次 一覧
・「関所」戦略ーまたの名をプラットフォーム戦略(さらにビジネス賭場戦略とも言う)○莫大な富が発生の「関所戦略」まとめ-関所10○業界水準を破壊する利益モデルの創造ー関所9○デジタル技術と外部化で組織の再構築ー関所8○「個客」細部ニーズに応えるシ....
起死回生の年収1億マーケティング! | 2005/10/07(金) 15:28

copyright © 2005 自分のことは棚に上げ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。